病院のご紹介

病院の沿革

明治44年

恩賜財団済生会 設立認可

大正2年9月

神奈川県病院開設
(全国済生会第1号病院・中区根岸町西竹の丸)

大正13年7月

西区岡野町へ移転

昭和21年4月

金沢区平潟町(現 済生会若草病院)に仮病院開設

昭和24年3月

現在地の神奈川区富家町に移転
(病床数65床、診療8科)

昭和26年8月

公的医療機関となる

昭和27年5月

法改正に伴い社会福祉法人となる

昭和30年4月

130床に増床

昭和34年4月

150床に増床

昭和40年7月

神奈川県交通救急センターを受託し50床を併設
交通救急センター地上4階地下1階建て完成(鉄筋コンクリート造)
(一般病床 350床)

昭和44年1月

交通救急センター50床を増床
(一般病床 400床)

昭和60年9月

新館・地上8階地下1階建て完成

平成18年

交通救急センター事業を終了し400床での運営を継続
(一般病床 400床)

平成19年3月

東部病院の開院に伴い回復期リハビリテーションを中心とした150床の病院へ機能転換
(一般病床 150床)

平成22年4月

一般病床30床(回復期リハビリテーション病棟)を増床
(一般病床 180床)

平成24年4月

一般病床7床(回復期リハビリテーション病棟)を増床
(一般病床 187床)

平成25年9月

済生会神奈川県病院100周年記念

TOPに戻る