病院のご紹介

DPCデータに基づく病院情報の公表

当院では、厚生労働省による全国統一の定義に従い、当院の入院患者さんのDPC(診断群分類による包括支払制度)のデータを集計した『病院情報の公表』を行っております。

今回の集計の対象は、平成28年度(平成28年4月から平成29年3月まで)の1年間に当院を退院された患者さんのデータです。
ただし、24時間以内に死亡された方、労災保険や自費診療、DPCによる計算対象外の患者さんのデータは除きます。

平成28年度 済生会神奈川県病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 17 37 74 157 274 713 1079 829 109

【定義】
平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんの年齢を10歳刻みで集計しました。
最終的に当院を退院した段階で症例数とカウントしています。
患者数が10人未満の項目は実数字でなく”―”で表記しています。

【解説】
横浜市の統計から平成23年の65歳以上の割合が20%であったが平成28年度には23.38%と高齢化が進んでいることが伺え、これは、いわゆる団塊の世代と呼ばれる階層が平成27年度には65歳以上、平成37年度には75歳以上になるなど、高齢化が進んでいることが要因と考えられます。
当院の年齢別の退院患者数を見ると70歳以上の受診率が約61%を占め、突出しており、高齢の患者さんに対する医療提供で地域医療に貢献していることがわかります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

■内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患手術なし手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 499 2.05 3.06 0 72.47
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患経皮的冠動脈形成術等手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 292 3.06 4.71 0.06 71.58
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 7.34 5.85 0.03 75.33
010160xx99x00x パーキンソン病手術なし手術・処置等2なし 副傷病なし 48 35.21 18.71 0.15 76.13
050170xx99100x 閉塞性動脈疾患手術なし手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 2.03 3.59 0 75.31

【定義】
・各診療科別に患者数の多いDPCコードについて、患者数や平均在院日数を集計しています。
・同じ疾患に対し複数の診療科で診療を行った場合も、最終的に退院した時点の診療科で集計しています。
・患者数が10名未満の場合は、プライバシー保護のため「ー(ハイフン)」を表示し、「平均在院日数(全国)」以外の項目にも同様に「-(ハイフン)」を表示しています。本ページの他の指標も同様の処理を行っています。(各科共通)

【解説】
当院の標榜診療科”内科”は総合内科、消化器内科、糖尿病内分泌内科、腎臓内科、呼吸器内科、神経内科に別れており、より専門的な医療を提供しております。
狭心症、慢性虚血性心疾患によるカテーテル検査が上位、1位・2位、閉塞性動脈疾患が4位・5位、パーキンソン病が3位となっています。

■外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x002xxxx 鼠径ヘルニア腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 73 4.1 4.97 0.03 64.2
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術副傷病なし 40 2.1 2.72 0 68.4
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患その他の手術あり 37 5.03 3.34 0 68.4
060160x001xxxx 鼠径ヘルニアヘルニア手術 鼠径ヘルニア 28 4.1 5.29 0 71
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍手術なし手術・処置等2-4あり 副傷病なし 24 2 4.64 0 59.5

【解説】
鼠径ヘルニア腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術が最も多く、小腸大腸の良性疾患内視鏡的大腸ポリープ、静脈・リンパ管疾患、乳房の悪性腫瘍が上位を占めています。

■整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx99xxxx 膝関節症(変形性を含む。)手術なし 45 30.91 14.05 0.03 72.4
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折手術なし副傷病なし 40 50.28 15.97 0.18 79
160760xx97xx0x 前腕の骨折手術あり副傷病なし 33 3 5.49 0 65.3
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎手術なし手術・処置等2なし 副傷病なし 11.16
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患手術なし 10.31

【解説】
膝関節症手術なし、股関節大腿近位骨折手術なし、前腕の骨折手術あり、脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎手術なし、その他の筋骨格系・結合組織の疾患手術なしが上位を占めています。

■眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患手術あり片眼 248 2 2.91 0.03 77.3
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患手術あり両眼 6.23
020130xxxxxxxx 原田病 16.26

【解説】
症例のほとんどが、白内障、水晶体の疾患手術あり片眼であり、白内障、水晶体の疾患手術あり両眼、原田病の症例数は10件未満となっています。

■皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 23 7.35 8.96 0 71.7
080011xx99xxxx 急性膿皮症手術なし 11.97
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)皮膚悪性腫瘍切除術等手術・処置等2なし 8.78
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等手術・処置等1なし 4.28
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 7.38

【解説】
帯状疱疹が症例数上位1位であり、他は症例数10件未満となっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 10 1 7
大腸癌 13 14 17 2 7
乳癌 17 28 18 12 1 7
肺癌 11 21 1 7
肝癌 2 5

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 14.69 72.31
中等症 10 22 82.5
重症
超重症
不明

症例で重症度1は重症度0と比較し平均年齢が約10歳高くなっています。重症になるにしたがって平均在院日数が長くなり、その原因の一つとして高齢化が考えられます。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 125 95.13 74.03 0.24
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明

【解説】
患者数としてはほとんどが脳梗塞の患者様となっています。当院では脳梗塞の急性期治療後に積極的にリハビリテーションを行うことのできる体制の確保に努めております。脳梗塞のリハビリテーションは後遺症からの回復をはかるのと同時に、再発や合併症を防ぐためにも早期に開始することが非常に重要です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

■内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 270 0.03 2.13 0.09 71.52
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 104 0 1.07 0 64.01
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 69 1.90 8.99 0.06 75.62
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 24 0 1.88 0 72.46
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 17.88 35 0.15 76.88

【解説】
当院では経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く、続いて内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術、四肢の血管拡張術・血栓除去術、経皮的冠動脈形成術、胃瘻造設術が上位を占めています。

■外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 73 1.05 2.05 0.03 64.22
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 63 0.11 2.65 0 68.59
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 37 0.03 1.03 0 69.30
K6335 鼠径ヘルニア手術 29 1.14 2.10 0 71.55
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 19 1 3.21 0 56.74

【解説】
鼠径ヘルニア手術、下肢静脈瘤血管内焼灼術、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術、胆嚢摘出術が上位をしめています。

■整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕) 34 1 1.03 0 64.09
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 30 1 1 0 56.73
K0302 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(手)
K073-22 関節鏡下関節内骨折観血的手術(手)
K0462 骨折観血的手術(下腿)

【解説】
症例上位を骨折観血的手術(前腕)、骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕)が1位・2位となっており、四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(手)、関節鏡下関節内骨折観血的手術(手)、骨折観血的手術(下腿)は症例数が10件未満となっています。

■眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 254 0.00 1.02 0.03 77.34
K218 眼瞼外反症手術
K2211 結膜結石除去術(少数)
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)

【解説】
症例数のほとんどが水晶体再建術です。

■皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 14 0 1.29 0 73
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)
K013-21 全層植皮術(25cm2未満)
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)

【解説】
皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)症例数上位1位であり、他は症例数10件未満となっています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

【定義】
・この指標は、医療の質の改善に資する指標として、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、処置・手術等の合併症について、症例数及び発生率を集計しています。
・入院時の傷病名に対しての治療が退院時まで行われ、医療費の請求を当該傷病名で行った場合は「同一」に、別な傷病名で入院したものの途中から病態の変化により上記いずれかの傷病名で医療費の請求が行われた場合は「異なる」に分類しています。

【解説】
敗血症とは、細菌感染症が全身に及んだもので重篤な状態に陥ります。その他の真菌感染症とは、口腔カンジダ症、癌による深在性真菌症に多くみられております。手術・処置等の合併症とは、人工透析のシャント閉塞、人工股関節の緩み等の機械的な合併症によるものに多く見られます。
入院中は免疫力が低下していることもあり、細菌による感染症の発症や手術・処置等による合併症を発症することがあります。
れらの疾患は、重篤な疾患の合併症として発症するケースが多いため、臨床上ゼロにすることは難しい疾患ではありますが、当院では少しでも改善できるよう努めています。

更新履歴平成29年9月28日 平成28年度病院情報の公表について公開

TOPに戻る