地域医療福祉センター

センター長のご挨拶

地域に信頼される病院づくりを

患者さんのニーズに合った良質な医療を切れ⽬なく提供するにはまずは、地域の病院が得意分野に応じて役割(機能)を分担し、連携をとることが⼤切です。私たちは近隣医療機関の先生方や行政の方とも診療や勉強会を通じて意見交換や情報交換を行い、互いの期待にこたえる強い信頼関係を築いていきたいと思います。
地域にある医療資源は無限ではありません。その資源を有効に活⽤するために、医療機関の役割をしっかり分け、患者さんにもそれをしっかりと伝えることがとても重要で、その相互理解こそが、やがては患者さん⼀⼈ひとりに最適な医療を提供する上ではとても重要になると考えています。そのために地域のイベントに参加したり、市民公開講座を開くなど、地域の中へ積極的に⼊っていきいろいろな場で医療情報を発信し、同時にニーズをくみ取ることを意識しています。

地域医療福祉センター長 建持 岳史

医療福祉相談室

病気やケガによって起こる患者様やそのご家族の様々な悩みやご相談について、社会福祉の立場から一緒に考え、問題解決に向けてお手伝いをいたします。
 退院支援専門の看護師も配置されており、がんや医療処置が必要な方の退院支援も行っております。ケアマネジャーや訪問看護ステーションなど地域の機関とも連携し退院後も安心して生活が送れるように支援していきます。  ご心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。秘密は厳守いたします。

 

こんな時はご相談ください

  • 医療費の支払いが心配なとき
  • 退院後の生活が心配なとき
  • 介護保険や制度について知りたいとき
  • 当院への通院や入院について知りたいとき
  • 他病院や施設について知りたいとき

相談をご希望の方は医療福祉相談室あてにお電話をいただくか医師や看護師など当院のスタッフへお声かけ下さい。

医療連携・広報室

こちらでは地域の医療連携業務と病院広報業務を担当しています。

 

医療連携について

高度化・多様化する現代医療では、一つの病院で患者さんにより良い診療を全て提供することは著しく困難になってきています。 当院は、地域にとって必要な医療とは何かを日々考え患者さんの病状にもっとも適した医療を提供するため、かかりつけ医の先生方や、高度急性期医療・回復期医療・療養型医療・在宅医療などを担う医療機関および福祉関連施設の皆さまと連携を図り、良質な地域医療を提供できる体制づくりに努めています。

広報について

「済生会神奈川県病院はどんな病院で何ができるのだろう?」地域の皆さまや医療関係者の皆さまからよくこんなお話を耳にします。今、当院は大きな変革期を迎えています。今回その動きをお伝えできるようホームページをリニューアルしました。また、健康意識の高いこの地域の皆さまに医療の知識や情報を提供するべく毎月の「なでしこ通信」発行や年間5~6回の「市民公開講座」開催を企画しております。広報業務は皆さまへに病院を知ってもらうこと、と考えています。

 

医療連携・広報室の業務

  • 紹介・逆紹介に関する管理および統計業務
  • 近隣医療機関との情報交換
  • 医療機関からの検査予約業務
  • 患者さんへの「かかりつけ医」ご紹介
  • ホームページの管理運営
  • 市民公開講座の企画運営
  • 「なでしこ通信」他情報提供ツールの刊行

etc.