診療科のご案内

神経内科

神経内科について

当科の正式名称は“地域神経内科”です。先代の部長で現在顧問をして頂いている國本雅也先生の命名によるものです。簡単に説明しますと“地域の神経系のすべての患者さんのための診療科”という意味です。最近の医療の傾向として特に大病院では“ある疾患や検査・治療に特化した”診療を行う事が増えています。これは対象となる疾患や検査・治療手技を絞りこむことによって、効率よく医療が行う事が可能で医師の経験・熟練にもつながり、医療経済的にも有利な側面があります。しかし一歩間違えると医療の主体が患者さんであり、その方の社会的背景まで踏まえた“患者さんの望む”医療を行う事からは外れがちです。我々は同じグループである済生会横浜市東部病院の脳血管神経センターと一体となって横浜市東部地域の神経に関係する医療を包括的に行う事を目標としています。

神経内科で診る病気

当院で得意とする疾患はパーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経変性疾患や重症筋無力症、多発性硬化症などの免疫による病気があります。また外来診療では認知症の診断や初期治療、頭痛。めまいの鑑別や治療も頻度の高い疾患です。さらに末梢神経の病気や筋肉の病気など神経内科が関わる疾患は数多くあり必要に応じて一般病棟における入院も含めて幅広く診療しています。東部病院が得意とする脳卒中の超急性期における血栓溶解療法や血管内治療、高度な救命医療、脳神経外科による外科的治療などは当院では行っておりません。しかしリハビリテーション科と協力しながら回復期病棟における脳血管障害の慢性期医療に関わっています。特に内科的疾患の合併例や神経疾患の回復期における入院は当科が主治医として担当する事もあります。

診療内容と特色

当院の特徴としてパーキンソン病の短期集中リハビリ入院があり機能維持センターとしての役割を目指しています。リハビリテーション科の医師やPT,OT,STなどのセラピストの協力のもと、診断のための短期入院やリハビリ目的の入院についてもさらに改善を検討中です。またALSなどの神経変性疾患で在宅治療を続けている方のレスパイト入院も積極的に行っております。平成28年12月よりロボットスーツHALを用いた入院リハビリを行っております。対象疾患は※をご参照ください。
脳波・筋電図学会に所属する医師が2名おり院内はもちろん、近隣の医療機関からも筋電図・神経伝導検査の依頼を受けています。さらに片側顔面痙攣や頸性斜頚などの不随意運動に対しボトックス治療を含めた診療を行っております。認知症については東部病院のメモリークリニックがありますが、近隣の患者様については当院でもMRIでの脳萎縮評価を含めて対応可能です。

スタッフ紹介

医師名 専門としている領域 学会専門医・認定医

原 一

副院長

神経難病のリハビリをとりいれた機能維持・管理、神経疾患の遺伝子治療研究 日本内科学会認定医
日本神経学会専門医

飯島 昭二

副部長

神経内科全般 日本内科学会内科認定医
日本神経学会専門医

黒野 裕子

副部長

脳血管障害、末梢神経障害、筋電図・神経伝導検査分野 日本内科学会内科認定医
日本神経学会専門医
日本の脳卒中学会専門医
日本臨床神経学会認定医(脳波・筋電図・神経伝導分野)

鳥飼 裕子

後期研修医

後藤 淳

【非常勤】
済生会横浜市東部病院
神経内科 部長

神経内科全般、認知症治療
※外来:金曜 午前
日本神経学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本頭痛学会専門医
日本認知症学会専門医・指導医

岩波 知子

【非常勤】

神経内科全般 日本内科学会専門医
日本神経学会専門医

※ 脊髄性筋萎縮症(SMA)、球脊髄性筋萎縮症(SBMA)、筋委縮性側索硬化症(ALS)、シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)、遠位型ミオパチー、封入体筋炎(IBM)、先天性ミオパチー、筋ジストロフィーのいずれかと診断され、歩行の介助又は歩行補助具を要し、下記条件をいずれも満たした患者。
概ね1ヵ月の入院リハビリ(HAL装着は2~3回/週)

a) 体重40~100㎏の患者。
b) 身長150~190㎝程度、または大腿長、下腿長、腰幅など身体サイズが合い、本品の装着が可能な患者。

TOPに戻る