診療科のご案内

眼科

眼科について

眼は、人体の中で占める大きさとしては非常に小さな部位です。しかし、人間は外界からの情報の8割は視覚を通じて得ているといわれており、非常に重要な部位でもあります。当科では、眼瞼疾患、ドライアイなど眼表面(角結膜)疾患、白内障などの前眼部疾患、緑内障、全身疾患に合併する糖尿病網膜症や高血圧網膜症などの眼底異常、視神経障害などを含めた幅広い眼科一般の疾患を診察しています。

眼科で診る病気

白内障、糖尿病網膜症、緑内障、結膜炎、加齢黄斑変性、視神経炎、ドライアイなど

診療内容と特色

各種眼疾患(白内障、緑内障、糖尿病網膜症、網膜疾患、角結膜疾患、ぶどう膜疾患など)の精密検査を行っています。必要に応じ大学病院など他の医療機関への紹介を行っています。
コンタクト処方は行っていません。

主な診断設備

蛍光眼底造影
血液の流れの状態や、通常の眼底検査では発見できない病変の状態を詳しく調べることができます。
ゴールドマン視野計
上下左右の視野の広がりを調べます。
ハンフリー視野計
緑内障などを検査します。
光干渉断層計(OCT)
眼底の断層写真を撮ることができます。加齢黄斑変性や黄斑円孔、糖尿病網膜症など眼底疾患の状態を断面で見ることにより、詳細に調べることができます。

主な外来治療設備

マルチカラーレーザー
病態に合わせて波長を最適に変更(マルチカラー)できるため、網膜裂孔・糖尿病網膜症などさまざまな眼底疾患の治療に用いることができます。
YAGレーザー
後発白内障などの治療時に使用します。

手術

当科での手術は主に白内障手術ですが、前眼部などその他の手術も行います。

スタッフ紹介

医師名 専門としている領域 学会専門医・認定医

権田 恭広

部長

眼科一般・白内障 日本眼科学会認定専門医

山口 由佳

医員

眼科一般  

丸山 貴大

【非常勤】
済生会横浜市東部病院
眼科 部長代理

眼科一般・白内障 日本眼科学会認定専門医

TOPに戻る