診療科のご案内

口腔外科

口腔外科について

当科は地域医療の中核的役割を持つ医療機関として、地域の歯科医院と病診連携を確立し口腔外科診療を行っています。埋伏智歯の抜歯をはじめとした口腔外科疾患全般、ならびに有病者歯科治療(おもに全身疾患を有する患者さんの観血的歯科治療)に対応しております。また医科との連携により周術期口腔管理(全身麻酔下の手術や化学放射線療法に伴う口腔管理)も担当しています。
なお、歯科医院では対応困難な口腔外科疾患の診断・治療を優先的におこなっているため、一般歯科診療につきましては基本的にかかりつけ歯科医での治療をお願いしております。

口腔外科で診る病気

1.埋伏智歯・萌出異常歯
親知らずや顎骨内に埋伏した歯の抜歯や開窓術を行います。歯科矯正にともなう処置については自費診療になります。

2.炎症
歯性感染症(智歯周囲炎・顎炎・顎骨骨髄炎・歯性上顎洞炎など)、その他顎下腺炎、顎下部・頸部リンパ節炎など。必要に応じて入院での消炎処置も行います。

3.腫瘍(良性・悪性)・のう胞(軟組織・硬組織)
全身麻酔が必要な手術や放射線治療は東部病院で行います。局所麻酔下の手術、術後のリハビリは当院で行います。

4.周術期口腔管理
歯牙脱臼・歯牙破切・歯槽骨骨折・顎骨骨折・顔面挫創(口腔内外)などの救急処置を行います。

5.顎関節症
外科的治療が必要な場合には済生会横浜市東部病院又は鶴見大学歯学部付属病院への紹介となります。

6.矯正治療に伴う小手術(埋伏歯開窓術)
矯正歯科医と連携し、小手術を行う。

7.その他
口腔粘膜疾患(白板症、扁平苔癬など)三叉神経痛、顔面神経痛、舌痛症、口腔乾燥症、ウイルス性疾患、唾石など

診療内容と特色

前述の如く、腫瘍、外傷、顎変形症、舌痛症、口腔粘膜疾患、唾液腺疾患などすべての口腔外科疾患を対象としていますが、歯科医院、病院歯科、大学などから多くの紹介を頂いております。済生会横浜市東部病院開設に伴い、従来の急性期機能を東部病院へと移行したため、当科では外来小手術、慢性疾患、化学放射線療法・術後患者のフォローアップを中心とした診療を行っています。全身管理を要する手術や放射線治療は東部病院で行いますが、手術も当院と同じスタッフが対応するため、一貫した治療が行えます。

スタッフ紹介

医師名 専門としている領域 学会専門医・認定医

後藤 陽子

部長

口腔外科全般
口腔機能管理
厚生労働省認定歯科臨床研修指導医

坂井 陳作

【非常勤】
済生会横浜市東部病院 口腔外科 部長

頭頚部悪性腫瘍、顎顔面外傷
※外来:水曜 午前・午後(予約制)
日本口腔外科学会専門医・指導医

福岡 愛理

【非常勤】
鶴見大学歯科部附属病院

顎関節節症
口腔外科全般
※外来:木曜 午前
日本口腔外科学会認定医

TOPに戻る