診療科のご案内

リハビリテーション科

リハビリテーション科について

当科では、脳卒中回復期のリハビリテーション(以下リハ、地域連携パス対応)を中心に、片麻痺などの運動機能障害、失語症などの言語機能障害、高次脳機能障害、嚥下障害などのリハ治療を行っています。頭部外傷、脊髄損傷、四肢の切断(義肢装着訓練を要する状態,主に下肢切断)などのリハも施行しています。また、ギランバレー症候群などの多発神経障害や脳炎などの回復期リハ、パーキンソン病や脊髄小脳変性症などの神経変性疾患にも神経内科医による治療のもとリハを担当しています。また、血液透析中でリハ治療が必要な患者さんにも腎臓内科医の管理のもとで対応しています。他の疾患でも、整形外科、神経内科、内科、外科医とも連携して診療にあたっています。
毎週金曜日の午後に装具外来があり、入院患者以外の方にも、義肢や装具についての相談(適応,修理,新規作製など)に応じています。嚥下造影検査や嚥下内視鏡、月曜日午後の筋電図検査も当科の医師が担当しております。上肢下肢痙縮に対するボトックス治療も行っています。

リハビリテーション科で診る病気

脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷、大腿骨頚部骨折、義肢装着訓練を要する患者(主に下肢切断)、
多発神経障害、脳炎、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、内科疾患や外科手術後の臥床に伴う廃用症候群、呼吸器リハ、がんのリハなど(その他,相談に応じています)

診療内容と特色

日本リハ医学会専門医あるいは専門医取得をめざしている医師が6名在籍しており、主治医あるいはリハ担当医として診療にあたっています。整形外科、神経内科、内科、外科など他科と連携してリハ治療に当たっています。回復期リハ病棟には済生会横浜市東部病院をはじめ近隣の急性期病院から地域連携パス等を通じて当院を紹介されて転院してきております。回復期リハ病棟では,回復期リハ病棟入院料1,リハ充実加算、体制強化加算1を取得しています。
外来では上肢下肢痙縮に対するボトックス治療、装具外来(義足や下肢装具中心)、回復期リハ病棟退院後のフォロー、必要に応じ外来リハの継続(失語症に対する言語聴覚療法など)を行っています。

スタッフ紹介

医師名 専門としている領域 学会専門医・認定医

江端 広樹

副院長
リハビリテーションセンター長

リハビリテーション全般 日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
義肢装具適合判定医
身体障害者福祉法指定医

新城 吾朗

医長

リハビリテーション全般 日本リハビリテーション医学会専門医
義肢装具適合判定医
身体障害者福祉法指定医

西田 大輔

医員

リハビリテーション全般 日本リハビリテーション医学会専門医
義肢装具適合判定医
身体障害者福祉法指定医

朝倉 めぐみ

医員

リハビリテーション全般 日本リハビリテーション医学会 会員
義肢装具適合判定医

岡 阿沙子

医員

リハビリテーション全般 日本リハビリテーション医学会 会員
義肢装具適合判定医

水野 勝広

【非常勤】
慶応義塾大学病院
リハビリテーション科 特任講師

リハビリテーション全般
*外来:第2・4週 木曜 午後
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
義肢装具適合判定医
身体障害者福祉法指定医
慶應義塾大学医学部特任講師

森 俊樹

【非常勤】

リハビリテーション全般 日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
義肢装具適合判定医
身体障害者福祉法指定医

TOPに戻る