診療科のご案内

薬剤科

院外処方箋に記載の臨床検査値の解説について

薬剤科について

薬剤科では、10名の薬剤師が勤務しています。院内および院外での医薬品使用を安全で円滑に行えるよう、顔の見える薬剤師を心がけて活動しています。

基本精神
  • 医薬品全般に関わることにより、患者さまの安全を確保し、有効かつ確実な薬物療法による早期回復を援助します。
  • 的確かつ効率的な医薬品管理により、病院経営に貢献します。

薬剤科の仕事

【調剤室での業務】
処方箋調剤業務
内服薬、外用薬、注射薬を処方箋に基づいて調剤しています。処方せんの記載内容や投与量、投与経路、投与期間、相互作用、薬剤の安定性などに問題がないことを確認します。また、患者さまに適した剤型かどうかを考慮し、適した調剤方法で調剤を行います。一つの処方に対し、薬剤師が二重三重にチェックした後、患者さまや病棟に薬剤を交付します。
入院時に持参されたお薬についても、安全に使用できるよう薬剤師がすべて確認し、1回服用量ごとに配薬ケースにセットすることで安全な使用と医師の継続オーダ作成を支援しています。

外来患者さまの支援
院外処方箋は患者さまが会計を済まされるまでに処方箋を確認しています。
休薬期間が必要な抗悪性腫瘍剤が処方されている患者さまには、服薬状況、副作用の状況確認を行っています。
麻薬が処方されている患者さまには、処方内容の確認のほか、痛みの軽減度、副作用の確認を行い、安全で有効な痛みの緩和に貢献しています
抗がん剤調製
抗がん剤点滴の調製はすべて薬剤師が行っています。安全な化学療法の実施のために患者さんごとに治療計画を作成し、準備・調製・鑑査に3人の薬剤師が関わり無菌的に調製しています。
薬品管理
医薬品の購入と各部署への供給などの在庫管理を行っています。災害時備蓄も考慮して在庫量を適正に管理しています。また、薬剤科内、病棟・外来の医薬品について温度・湿度・光などを定期的にチェックし、保管状況や薬の有効期限の確認、品質の管理を行っています。また、麻薬、向精神薬、毒薬、血液製剤の管理も行っています。
【病棟での業務】

医師の指示および投薬状況、検査値などを確認し、病棟での安全な薬剤使用に努めています。さらに、患者さまのベッドサイドに伺い、服薬指導や副作用モニタリングを行うことにより、患者さまの薬に対する知識向上、服薬への意識向上、副作用の早期発見などに努めています。
医師、看護師、栄養士、リハビリテーション療法士その他の職種スタッフと連携し情報を共有することにより、チームとして患者さま中心の医療を実践しています。

【DI(医薬品情報)業務】

医薬品が適切に、かつ安全に使用されるためには、医薬品情報が必要です。薬剤師は多くの書籍やインターネット、文献などから情報を収集・整理して、医薬品情報をわかりやすく加工し、医療現場に提供しています。各部門からの医薬品についての問い合わせ、地域の保険薬局などからの問い合わせにも応じています。

チーム医療について

近年の医療は医師だけではなく、それぞれの領域の専門職種がチームとなって患者さまの治療にあたるのが一般的になってきました。当院では薬剤師が糖尿病教室、腎臓病教室に参加し患者さまを支援しています。また、院内感染対策、緩和ケア、がん化学療法に関わり、他職種と協働して業務を実施しています。
さらに、当院の院外処方箋発行率は約95%、退院された患者さまは外来通院で近隣の保険調剤薬局にお世話になります。また、在宅医療では退院時の情報提供が重要です。このように、院内だけでなく院外のスタッフとの情報共有のため、採用薬品情報の提供、合同研修会の開催などを行っています。

各種認定資格について

日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師(1名)
日本薬剤師研修センター認定薬剤師(2名)
認定実務実習指導薬剤師(2名)
日本医療情報学会医療情報技師(1名)

TOPに戻る