診療科のご案内

リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンターについて

リハビリは病期によって、急性期・回復期・維持期に分けられ、当院は回復期リハビリの役割を担っています。即ち、怪我をしたり、病気になられて、医学的治療がある程度落ち着いた頃、社会復帰や社会生活の獲得をめざして治療をすすめてゆきます。社会復帰には、身体機能の回復はもちろん、回復した機能を日常生活に役立てることが必要です。そのためにリハビリセラピスト科には、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3つの専門職が働いており、365日訓練室を開けてお待ちしています。この3職種が、リハ医の指示の下、あるところは分業し、あるところは協同し患者さまの退院後の生活設計も含めて治療にあたっています。

職員数
理学療法士(PT) 43人
作業療法士(OT) 36人
言語聴覚士(ST) 19人

理学療法士の仕事

何らかの病気、けが、障害などによって運動機能が低下した状態にある患者様に対して、各疾患の症状や全身状態に応じた安全管理を行い、運動療法、日常生活動作訓練、装具療法などを用い、運動機能の維持・改善を目的に行われる治療法です。
具体的には、寝返りや起き上がりなどの動作訓練や立位・歩行訓練を行っております。ご本人の機能に合わせ、屋外歩行なども実施しております。
特に当院では、急性期病院での治療を終えた亜急性期~回復期の患者様に対しての治療を行っております。
治療後も能力障害が残る場合について、社会生活を送る上で不利な要素を少なくするため、福祉用具の選定や住宅改修、介助法指導なども提供しております。

リハビリ風景1

リハビリ風景3

リハビリ風景2

リハビリ風景4

作業療法士の仕事

身体機能・高次脳機能の回復を促し、健康な心身機能を生かして、日常生活動作、家事動作、社会復帰に関わる基本的作業能力の再獲得を支援します。より充実した生活に向け、福祉用具の利用や自助具の作製、認識しやすく失敗の少ない動作方法の工夫や環境設定、作業活動などの検討も行います。患者さまの意思・ご希望に沿った主体的で自立度の高い生活実現を目指します。

リハビリ風景1

リハビリ風景3

リハビリ風景2

リハビリ風景4

言語聴覚士の仕事

脳血管障害などによって生じたコミュニケーション障害(失語症,発声・構音障害)や飲み込みの障害(摂食・嚥下障害)に対して機能回復の支援を行います。

失語症/高次脳機能障害
聴く・話す・読む・書くといったことばの機能の訓練や、注意集中力、記憶力などを高める訓練を行い、ご家族や周囲の方々とのコミュニケーションがより円滑に取れるように援助いたします。
発声・構音障害
声の出しにくさや発音の不明瞭さに対し訓練を行います。より有効な訓練が行えるよう、必要に応じて音声分析装置などの機器類も用います。
摂食・嚥下障害
安全においしく食事が摂れるよう訓練・支援していきます。必要に応じて嚥下造影検査や嚥下内視鏡検査も実施します。

リハビリ風景1

リハビリ風景2

リハビリ風景3

リハビリ風景4

リハビリテーション工学士の仕事

リハビリテーション工学では医師・療法士と協力してリハビリテーション分野の発展のために研究をおこなっています。特に当院では放射線科にも協力していただき1.5テスラのMRIを利用することにより、何かを考えたり行動している最中の脳活動を計測することができるため、より高精細な脳活動情報を取得できます。その他、脳波や筋電図を測定することもできるため、生理学的な観点から運動/感覚障害に向き合い、それらの症状の原理の解明や改善のための手段を開発することを目的として活動しています。

リハビリ風景1

各種認定資格について

  • 認定言語聴覚士(失語・高次脳機能障害領域) : 日本言語聴覚士協会
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士 : 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会

リハビリテーションセラピストの院外活動(2016年度)

【学会発表】

  発表者・共同演者
(各部署五十音順)
発表題目 学会名 時期 場所
PT 岡部憲明 当院リハビリテーションセラピスト科における感染対策に対する取り組み 第69回 済生会学会 2017年02月 神奈川
OT 石川哲也 クライアントの真のニーズを引き出すには(シンポジスト) 第26回 日本作業行動学会 2016年06月 神奈川
石川哲也 片手生活アイデア集の効果―作業療法士の支援能力に及ぼす影響について― 第50回 日本作業療法学会 2016年09月 北海道
石川哲也 片手生活アイデア集の紹介 第81回 神奈川リハビリテーション研究会 2016年09月 神奈川
石川哲也 真のニーズの引き出し方と関わり方―治療戦略の理論と実践― 臨床実践に役立つ理論研究会 2016年11月 神奈川
石川哲也 廃用手の脳卒中患者3例に対する「片手生活アイデア集」を用いた経験 第29回 回復期リハビリテーション病棟協会研究大会 2017年02月 広島
井上那築 他者交流に価値をおく認知症事例に対する「自叙伝」を用いた介入 第26回 日本作業行動学会 2016年06月 神奈川
井上那築 慢性期重度片麻痺患者におけるBrain-Machine Interface(BMI)と作業療法を用いた集中的訓練の効果 第50回 日本作業療法学会 2016年06月 北海道
川上新 姿勢異常を伴うパーキンソン病患者に対するリハビリ介入とその効果 第57回 日本神経学会学術大会 2016年05月 兵庫
幸光成哲 ADOC-Hを使用した作業療法介入により、麻痺側上肢の使用頻度向上に向けた自主的な取り組みが定着した一事例 第50回 日本作業療法学会 2016年09月 北海道
小林志帆 重度右片麻痺を呈した患者の結髪動作における自助具の使用経験 第50回 日本作業療法学会 2016年09月 北海道
新藤志織 回復期早期にプリズム適応療法を行った、脳梗塞による重度半側空間無視の90歳男性の一例 第50回 日本作業療法学会 2016年09月 北海道
鈴木友里絵 多職種連携により患者を支え、在宅療養を果たした対麻痺患者の一例 第6回 日本がんリハビリテーション研究会 2017年01月 神奈川
田原正俊 上部消化管がん患者のADL能力に影響を与える因子の検討 第6回 日本がんリハビリテーション研究会 2017年01月 神奈川
田原正俊 リハビリテーションセラピストの栄養への関心とNST認知度の調査ー経験年数と興味からみた当院の現状ー 第32回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 2017年02月 岡山
ST 小島一宏 基礎的嚥下訓練としての舌骨・喉頭モビライゼーションの有用性 第22回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2016年9月 新潟県

【論文】

  著者・共同著者 題目 掲載誌 時期
OT 石川哲也 クラインアントの真のニーズをどう引き出すか
―身体障害領域における難渋事例に対する関わり方―
作業行動研究 20(3):154-158 2016年
石川哲也,他 手への意識に着目した訓練により実用性が向上した視床出血の事例 神奈川作業療法研究 7(1):13-19 2017年
石川哲也,他 記憶障害の気づきを促す
―失敗を再認する課題と心理的ストレスに配慮した関わり方―
神奈川作業療法研究 7(1):21-26 2017年
小林志帆,他 回復期リハビリテーション病院における退院支援
-寿地区の簡易宿泊所で独居生活となる事例-(共著)
作業療法.日本作業療法士協会 35:470-481 2016年
田原正俊 IVESとPSBを併用した上肢機能訓練を実施した症例 シリーズ済生の力・第8集 13 2016年

【書籍】

  著者・共同著者 題目 書籍名 出版社名 時期
ST 山本映子,他 第4章ケーススタディー 全失語 p81-89 言語聴覚士のための臨床実習テキスト(成人編) 建帛社 2016年

【認定資格】

PT 回復期セラピストマネージャー1名、認定理学療法士(脳卒中4名、循環器1名)、呼吸療法士3名、介護支援専門員1名、福祉住環境コーディネーター2級2名、地域包括ケア推進リーダー1名
OT 回復期セラピストマネージャー1名、福祉住環境コーディネーター2級8名、AMPS認定評価者6名、統計検定2級1名、医療経営士3級1名、認知症ライフパートナー1名、アクティビティインストラクター1名

【院外活動】

PT 反復促通療法入門講座アシスタント1名、地域施設での健康講座3名
OT 第50回日本作業療法学会演題審査委員1名、神奈川県作業療法研究査読委員1名、タナベセラピー研修会実技アシスタント1名、NPO法人医療の質に関する研究会客員研究員1名、首都大学東京授業1名、県士会活動3名、神奈川県作業療法士会代議員1名

回復期リハビリテーション

  • スローガン
  • 1 患者さまの最大限の機能の向上をはかります
    2 一人一人の生活に合わせた能力の向上をめざします
  • キャッチフレーズ
  • なでしこは、済生会のシンボルフラワーです。
  • なでしこ

回復期リハビリテーションとは

回復期リハビリテーションでは、脳血管障害や外科手術などの急性期治療が終了した後、 自立した社会復帰や社会生活の獲得を目的に心身の機能の回復をはかります。
主に理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)の3つの方法で最大限の機能回復を支援します。

画像

専門医の処方をもとにしたリハビリテーション

当院にはリハビリテーション専門医が複数名勤務しております。骨折後の患者さまには整形外科医が、脳血管障害の患者さまにはリハ医が対応し、患者さまの治療方針の決定や日々の経過観察を行い、適確なリハビリテーションの実施を可能にしています。

チーム医療

チーム医療で早期復帰をめざします

リハビリテーション専門医が中心となり、看護師、各療法士、ソーシャルワーカー、管理栄養士などがチームとなって、一人一人の患者さまを担当します。術後の合併症や全身状態などにも注意を払いながら、全身を総合的に診ることで患者さまそれぞれの状態に合わせたリハビリテーションを実施し、より自立度の高い生活・社会復帰を目標として最大限の力を引き出すサポートをします。

家屋評価について

当院にはリハビリテーション専門医が複数名勤務しております。骨折後の患者さまには整形外科医が、脳血管障害の患者さまにはリハ医が対応し、患者さまの治療方針の決定や日々の経過観察を行い、適確なリハビリテーションの実施を可能にしています。

装具外来について

補装具は、日常生活や目的の動作を行うため、失われた身体機能の治療や補助を目的に作成・使用されています。
義手や義足なども含め、その種類や用途は多種多様です。
当院では、リハビリテーション専門医の指示の元で義肢装具士とともに、一人一人に合わせた補装具の作成を行っております。

  • 画像
  • 画像

退院後の生活を見据えた支援

退院後の生活を考え、病院から家庭・地域への橋渡しをするのが私共の使命です。
ご本人、介護される方へより安全でやりやすい動作や介助方法、コミュニケーションの取り方・高次脳機能障害への対応方法などをお伝えし、退院後の生活がスムーズに運ぶように支援いたします。

施設基準

回復期リハビリテーション病棟入院料1
体制強化加算
リハビリテーション充実加算
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料

リハビリテーションセンター(回復期病床) (平成27年4月~平成27年9月)

疾患別患者内訳
転帰先内訳

疾患別平均入院日数

連携パス使用割合

TOPに戻る