診療科のご案内

外科

外科について

外科におきましては、当院ならびに済生会横浜市東部病院外科・救急科の一つの医師団、すなわち、消化器外科(長島・北野・江川・伊藤・清水・三原)、乳腺外科(土居・西谷)、末梢血管外科(渋谷・小野)が当院と東部病院の2つの病院を一体的に運営し、診療に当たっております。
2007年3月の横浜市東部病院の開院当初、急性期疾患は全て東部病院で診療を行っておりましたが、その後当院で担う疾患も徐々に増やし、麻酔科医の常勤体制、新棟(西館)オープンによる新たな手術室整備に伴い当院で診療する疾患、手術も拡大してきました。
入院病棟では、常時20名前後の当科入院の患者様を診させて頂いております。全身麻酔や緊急での手術前後の患者様、抗がん剤治療に関係する患者様、東部病院で手術を終えた患者様のご自宅退院までのリハビリなどを目的とした入院、その他外科疾患をお持ちで入院加療を必要とする患者様などです。

今年度外科で可能な手術および来年度の展望について

今年度実施している手術は、ヘルニアセンターとして各種ヘルニア手術、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術。
下肢静脈瘤センターでの静脈瘤手術およびレーザー治療。そのほか腹腔鏡下胆嚢摘出術や日勤帯での急性虫垂炎手術(腹腔鏡手術含め)を施行しております。
来年度以降の展望として、胃癌、結腸癌まで拡大すること、また急性虫垂炎やヘルニア嵌頓などの緊急手術を施行できる体制づくりを目指しております。

外科で診る病気

各種がん(消化管、肝臓・胆嚢・膵臓、乳腺など)、胆石症・腸閉塞・肛門疾患などの消化器良性疾患、乳腺良性疾患、鼡径ヘルニア、末梢血管疾患(下肢静脈瘤など)

診療内容と特色

【消化器外科】
食道・胃・大腸・肝胆膵を始めとする消化器がんに対しての抗がん剤治療、鼡径ヘルニア根治手術、腹腔鏡による胆嚢摘出術、急性虫垂炎など急を要する疾病に対する手術を主に診させて頂いております。
消化器がんに対する様々な治療のうち手術に関しては東部病院で行っておりますが、術後のリハビリなどご自宅に帰られるまでの回復過程を当院へ転入院の上で時間をかけて診させて頂いたり、がんの患者様に対する緩和ケアを中心とした医療を行っております。また外来では通院にて抗がん剤治療を行っております。
鼡径ヘルニア根治術に関しましては、従来から行われている直達法に加えて、全身麻酔下に腹腔鏡を用いてのヘルニア根治術も行っており、術後の痛みやシビレなどの合併症が少なくて済むと評判を得ております。当院ヘルニアセンターまでお問い合わせください。2015年度実績では、直達法で17例、腹腔鏡法で24例(うち両側9例)の手術を施行しました。
腹腔鏡による胆嚢摘出術や急性虫垂炎の手術などに関しては、これまでは当院では対応できずに東部病院にて行っておりましたが、手術室他の環境も整ったため、腹腔鏡下胆嚢摘出術および開腹法のみならず腹腔鏡下での虫垂切除術も含めて当院でも行うようになり、今後は対象疾患を拡げていくつもりです。

【乳腺外科】
乳腺外科においても当院と東部病院との一体的運営を行っておりますが、当院では外来診療を主に行っており、乳がん治療の内で手術ならびに放射線治療に関する部分は東部病院で行っております。近隣のご施設等からのご紹介も次第に増えてきており、昨年1年間の初発乳がん手術件数は150例を超すまでになりました。手術前後や再発時の抗がん剤治療は当院が担っており、新棟に整備された化学療法センターにて通院にて抗がん剤治療が行われますが、2015年度の当院の診療実績では、乳癌患者さんに対する抗がん剤治療は96名の患者様に対して、延べ1086回の治療が行われました。乳癌の治療においては、乳腺外科医に加え、乳がん看護認定看護師、がん化学療法認定看護師、薬剤師、放射線や超音波の技師、リハビリテーション技師、社会福祉士など多くの職種の職員が患者様に寄り添いながら診療に当たっております。
最後に近年乳癌患者さんが増加しております。がんと言えども早期に発見出来た乳がんは治りきる可能性が高く、早期発見が大切言われており、そのためには乳がん検診の受診が望まれます。当院は、横浜市の乳がん検診(視触診+マンモグラフィー)指定施設でもあり、また当院独自の乳がん検診コース(超音波を含む)も設定しておりますので、お気軽に当院予防医療センターまでお問い合わせの上ご利用頂きますよう、ご案内させて頂きます。

【血管外科】
当院では下肢静脈瘤センターを立ち上げ、主に下肢静脈瘤に対する手術療法を行っております。下肢静脈瘤は、足のだるさ、むくみ、痛み、よくつるなどの症状から足の凸凹など見ただけでも判る方まで症状が様々です。皮膚が茶色くなってきたり湿疹が治らない場合もその原因が静脈瘤である場合もあります。
本邦では2011年に保険収載されて以来、レーザー治療は医療保険が効く標準的な治療として広く行われるようになってきました。我々の経験でも、手術治療が必要な症例の約90%の患者様に低侵襲なレーザー治療が可能となっています。当院におきましては、入院の上でレーザー治療を行い、少し時間をおいて翌朝に合併症が生じていないか超音波検査で確認を行った上でご退院頂くようにしております(1泊2日の入院となります)。左右両側を一度に手術することも可能です。2015年度の当院実績では、下肢静脈瘤に対するレーザー治療は63例(うち両側23例)、静脈抜去法は9例(うち両側2例)を行わせて頂いております。
下肢の見た目が気になる方も含めて上記のような症状をお持ちの方は、是非一度、当院下肢静脈瘤センターまでご相談ください。

スタッフ紹介

医師名 専門としている領域 学会専門医・認定医

長島 敦

院長

上部・下部消化管
※外来:火曜 午後
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
消化器がん外科治療認定医

土居 正和

副院長

乳癌手術、乳癌薬物療法、チーム医療 日本外科学会専門医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィー検診精度管理中央委員会 検診マンモグラフィー読影認定医
日本消化器外科学会認定医
日本救急医学会専門医
日本人間ドック学会認定医専門医指導医
Infection Contorol Doctor
慶應義塾大学医学部講師(非常勤)

衛藤 英一

救急科 医長

消化器全般
救急疾患
※外来:火曜 午前、水曜 午前(ヘルニア外来)
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医

北野 光秀

【非常勤】
済生会横浜市東部病院 院長

重症外傷、特に腹部外傷の治療、急性腹症の診断・治療、消化器外科手術
※外来:毎月第2週水曜 午後
日本救急医学会専門医・指導医
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医

江川 智久

【非常勤】
済生会横浜市東部病院
外科 部長

上部・下部消化管
※外来:火曜 午前
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(胃)・評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
慶應義塾大学医学部講師(非常勤)

渋谷 慎太郎

【非常勤】
済生会横浜市東部病院 血管外科 統括部長

血管外科・消化器外科
※外来:木曜 午後
日本外科学会専門医・指導医
心臓血管外科専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本脈管学会認定脈管専門医
ステントグラフト実施基準管理委員会認定実施医・指導医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医・指導医
慶應義塾大学医学部外科学教室講師(非常勤)

伊藤 康博

【非常勤】
済生会横浜市東部病院 外科 医長

消化器外科 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医・評議員
日本腹部救急医学会評議員・認定医・暫定教育委
日本胆道学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

清水 正幸

【非常勤】
済生会横浜市東部病院
救急科 医長

外傷、急性腹症の治療、腹腔鏡手術
※外来:月曜 午後
日本救急医学会専門医
日本外科学会専門医

西谷 慎

【非常勤】
済生会横浜市東部病院 乳腺外科医長

乳腺外科・消化器外科
※外来:火曜 午後
日本外科学会専門医

TOPに戻る